宿泊約款・暴排事項|鹿児島でペットと泊まれる宿-CoCoフォレいむた(ココフォレいむた)

本約款の適用

第1条
ペットと泊まれる宿(鹿児島)CoCoフォレいむた(レイクサイドホテルいむた清風)の締結する宿泊約款及びこれに関連する契約は、この約款の定めるところによるものとし、この約款に定められていない事項については、法令又は慣習によるものとする。

宿泊引受けの条件

第2条
(1)宿泊の申込がこの約款によるものであるとき。
(2)客室にお引き受けする余裕があるとき。
(3)宿泊しようとする方が宿泊に関し、法令規則又は公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為をするおそれがないと認められるとき。
(4)宿泊しようとする方が、伝染病でないと明らかに認められるとき。
(5)宿泊に関して特別の負担を求められないとき。
(6)天災、施設の故障、その他やむを得ない理由があるとき。
(7)鹿児島県条例第44号第5条の規定する場合に該当しないとき。

宿泊契約の申込み

第3条
予約の申し込みをお引き受けするにあたり、予約申し込み者に対して次の事項の明告を求めます
(1)宿泊者の住所、氏名、性別、職業、外国人についてはパスポートの提出。
(2)その他当ホテルが必要と認めた事項。

宿泊契約の解除

第4条
(1)宿泊客は、当ホテルに申し出て、宿泊契約を解除することができます。
(2)宿泊客が連絡をしないで宿泊当日の午後6時(到着予定時刻の連絡をされている場合はその時刻を2時間経過した時刻)になっても到着しない場合はその予約申し込み者により解除されたものとみなし、処理することがある。
(3)当ホテルは、宿泊客がそく責めに帰すべき事由により宿泊契約の全部又は、一部を解除した場合は、違約金を申し受けます。
(4)前項の規定により解除されたものとみなした場合において、宿泊者がその連絡をしないで到着しなかったことが、列車、バス等公共交通機関の不着、遅延など宿泊者の責に帰さない理由によるものであることを証明された場合は違約金はいただかない。

第5条
他に定める場合を除く他、次の場合には予約を解除することが出来るものとする
(1)第2条第3号から第7号に該当しないこととなった時。
(2)第3条によって明告された事項が、故意に歪曲されたものと認められたとき。

宿泊の登録

第6条
宿泊者は宿泊当日フロントデスクにおいて、次の事項を登録していただきます。
(1)第3条第1号の事項。
(2)その他当ホテルが必要と認めた事項。

チェックアウトタイム

第7条
宿泊者が客室をあけていただく時刻は午前10時とする。
(1)前項に規定時間にかかわらず、チェックアウト時間をこえての客室の利用に応ずることがあります。この場合においては別途追加利用料金を申し受けます。

利用料のお支払い

第8条
利用料のお支払いは、通過又は当ホテルが認めた有価証券により、宿泊者の出発の際、または当ホテルが請求した時、当ホテルのフロントデスクにてお支払いいただきます。

利用規則の厳守

第9条
宿泊者は当ホテルにおいては、当ホテルが定める利用規則に従っていただきます。

宿泊継続の拒否

第10条
当ホテルでは、お引き受けした宿泊期間といえども、次の場合には宿泊継続をお断りすることがあります。
(1)第2条第3号から7号までに該当しないこととなったとき。
(2)前条の利用規則に従わないとき。

宿泊にかかる責任

第11条
当ホテルにかかる責任は、宿泊者が当ホテルフロントデスクにおいて宿泊登録を完了したときに始まり、出発する為客室をあけた時点で終了する。
(1)当ホテルの責に帰すべき理由により宿泊者に客室の提供が出来なくなった時は、天災その他の理由により困難な場合を除き、宿泊者に類似の条件による宿泊施設を斡旋する。

違約金規定

1.予約の全部について解除する場合
(イ)宿泊日の10日前より3日前までに解除したとき***基本宿泊料の10%
(ロ)宿泊日の2日前の日に解除したとき***基本宿泊料の30%
(ハ)宿泊日の当日に解除したとき***基本宿泊料の100%

禁止事項

(1)許可を受けないで物品の展示、販売またはこれに類する行為
(2)許可を受けないで施設内に特殊な設備をする行為
(3)許可を受けないで印刷物等を配布・掲示すること
(4)許可を受けないで火器を使用すること(喫煙を除く)
(5)危険物の持ち込み
(6)宿泊者以外のペット類の持ち込み
(7)賭博行為
(8)施設、設備、器具の破損、もしくは亡失
(9)その他当ホテル管理者の定める注意事項の違反

暴排条項

1.宿泊契約締結の拒否

<1>当ホテルは次に掲げる場合において、宿泊契約の締結に応じないものとする
(1)宿泊しようとする者が暴力団、暴力団員、暴力団関係企業・団体又はその関係者その他反社会的勢力(以下<暴力団等反社会的勢力>という。)であると当ホテルが認める場合。
(2)宿泊しようとする者が暴力団又は暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体であると当ホテルが認める場合。
(3)宿泊しようとする者が法人で、その役員のうちに暴力団員に該当する者のあること。
(4)宿泊しようとする者が当ホテルもしくは当ホテル従業員に対し、暴力的要求行為を行い、または合理的範囲を超える負担を要求した場合。

2.当ホテルの契約解除権

<2>当ホテルは、宿泊者が次の事項に該当すると判明した場合、宿泊契約を解除するものとする
(1)暴力団等反社会的勢力
(2)暴力団又は暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体
(3)法人でその役員のうちに暴力団員に該当する者のあるもの
(4)他の宿泊者に著しい迷惑を及ぼす言動をした場合
(5)当ホテルもしくはその従業員に対し、暴力的な要求行為を行い、または合理的範囲を超える負担を要求した場合。

TOPへ

いぬ太
CoCoフォレいむた(ココフォレいむた)の電話番号